鍼灸師の仕事の内容

はり師・きゆう師という二つの資格を合わせて「鍼灸師」と呼ばれます。はり師は治療針を、きゆう師はお灸を使い、ツボを刺激し症状の改善へ向けた施術を行います。

鍼灸師として働くために必要なものとは

最終学歴は必要ですか?

受験資格を得るには専門課程を3年以上履修できる専門学校、大学、短大(3年制)を卒業しなければいけません。

鍼灸師には資格は必要ですか

鍼灸師として働く場合、はり師、きゆう師の国家資格がなければ治療に携わることはできません。

健常者でも仕事に携われますか

資格を取得すれば、清明者(健常者)でも何らかの障害を持っている人でも鍼灸師として働けます。

必要なコミュニケーション力は?

患者様の主訴から必要な治療を導き出すこと、信頼関係を築くための話術などが大切な要素です。

そのほか必要なものってありますか?

古来の治療法といっても、治療機器や施術道具は進化しています。日々学び続けることが大切です。

高度な技術と知識を活かした東洋医学

施術

鍼灸師になるためには、国家試験に合格しなくてはなりません。鍼とお灸を使用して、患者さんを治療することができる医療職でありますので、高度な技術と高い知識力が必要な職業なのです。鍼灸師は今注目されている職業ですが、日本での歴史は古く今や世界各国で注目されている東洋医学です。鍼灸師という資格はなく、はり師ときゅう師の両方の資格を取得しているひとのことを鍼灸師とよんでいます。あらゆる内科系の疾患から、運動器系の疾患、婦人科系から泌尿器科系、小児系から美容にまで、鍼灸治療の効果がさまざまな疾患に有効であるといわれております。これらのさまざまな病気に効果が期待できる医学であるため、鍼灸師になるためには、専門学校に通い学ぶ必要があります。

近年、人気の職業となったのはなぜなのか

鍼治療

近年、若いひとのあいだで注目される職業となったのはなぜなのか考えてみたいと思います。まず、近年急上昇している日本人の健康志向が関係しているのではないかといわれております。東洋医学と申しましたが、東洋医学とは自然治癒力を高めて病気の治療や予防をするという点で注目され、鍼灸師の資格を取る人が急増しているそうです。次に、女性がなりやすい職業であるという点も大きな要因です。美容にも効くということ、また婦人科系の病気に効果を発揮するということで、女性の患者さんは女性の鍼灸師を求める人が多いようです。

資格取得後の就職先

鍼灸院

このように人気の鍼灸師ですが、活躍の場はさまざまで、針灸院はもちろんのこと、福祉施設や病院などの医療施設、スポーツ針灸などもあります。女性の鍼灸師なら、美容鍼灸や婦人鍼灸専門の施設で働くこともできます。職場の選択肢は幅広く、自分に合った職場を探すことができますし、資格さえ取得しておけば自分で開業することも可能です。自分で開業した医院なら、働き方も自分の生活スタイルに合わせることができるのです。今鍼灸師が人気の理由は、人々の健康志向と女性が活躍できること、就職先が豊富という点があると考えられます。

広告募集中